投信王 今週は1,469位

投信王の定期報告です。簡単に。
投信王_2011_03_25
 今週は月曜に多少下げていましたが他の日は特段の上下も無く金曜まで経過しました。
 とりあえず原発に関して海外の方々は自分のところのマスコミがアホのように増幅しまくった危機感のおかげで、日本国内において放射性物質の漏洩が問題として報道されても「ああそう」といった反応になって来ているように思えます。対応方法を理解している訳でも無いのに危機に慣れるのは良く無いんじゃないかなあ。
 まあ、他人であるガイジンの反応なぞ他人事ですから別にどうでも良いですけどね。とりあえず外資の方々は下落が予測できて大儲けできたのでもあるのか東証を開いたことを支持しているそうで(ゴールドマンなど外資系証券、震災後に東証が通常通り取引継続した判断を支持)。尤も、彼らはどんな相場でも「客から儲ける自信」があるのでしょうし、その目的のため市場が開いてる事が重要なんでしょう。

 リビア情勢についてはNATOの介入は現状においては飛行制限と空爆に限定しており、米国は指揮権を英仏に委譲する方針で、介入も数週間で決着が付く見込みは失われております。リビア産原油のうち8割は欧州向けだそうで、米国が最初のアシスト以降は知らないよと言い出すのは当然といえます。
 現状ではカダフィ氏が政権を委譲する事は決定的な敗北が起こるまでは無いでしょうし、地上軍の派遣が無い現状では反政府勢力による地道な反攻が必要であるため数ヶ月を要するかも知れません。それでもNATOによる政府軍への海上輸送妨害なども可能である現状は政府軍側に聖域となる後背地が無いという事になりますので、いずれ活動の限界を迎えると思われます。南部の砂漠に逃げるとかはチョットなさそうですし。

 ま、未来予想をしてもハズレの可能性は常に有りますから、賭ける時は全方位に薄く張っておくのが良いんじゃないかな、と考えております。ワタクシとしては地域分散して買いという事で。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。