投信王 今週は266位

投信王の定期報告です。簡単に。
投信王_2010_10_08

 今週の日本は上昇で終了しましたね。まあ、その後の海外で円高が大変に進んでどうにも出来ないとか何時もの状態になっておりますけれど。それでも海外の株式市場については上昇で終わっておりますから問題ないと良いですね。そのへんは皆様の思いの総体で決まることでございます。

 G7も開催されていて野田財務相は為替介入に理解を得た(為替介入についてG7で説明、基本姿勢に理解得た=財務相)と話しているそうで。内容を見ると、大規模な介入を単独で継続するつもりは無いし今後は協調するからよろしくお願いします、と説明しているだけですよね。それはそれで良いですが、海外が協調介入に応じてくれると考えているのか、というか本当に介入前に相談しに行くのかよという辺りに不安が漂いますけど。民主党の人たちは思いつきを誰にも相談せず実行してしまいそうで信用ならないんですよね。閣僚が首相と違うコメントを述べるとかザラだし。彼ら自身は責任逃れに終始し、しっぺ返しの一部しか喰らわないだろうな、と簡単に予測できて腹立たしいですね。まあ、腹が立ちますけれど生活もありますから、それなりに対処して飢え死にしない様にしていこうと思います。

 為替介入では対外的に衝突が起きるのでありますから代替手段としてインフレ指向を目指すべきだと思いますけど、はたしてどうなることやら。実質金利を0~0.2%に設定とはいっても対象は短期金利だし、長期債を買うような動きは全くないし、政府は日銀の代わりに財政政策でなんとかする訳でも無いし。2~3年はどうにもならないですかねえ。

 とりあえず、経済は低調なまま緩やかな上下を繰り返すならドルコスト買いで良いだろうと判断します。給与所得者が選択可能な手段がそれぐらいだっていう話でもあります。収入があって支出より余計な分があるなら買ってりゃいいんですよ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。