投信王 今週は2,630位

投信王の定期報告です。「暑は夏いねえ」の元ネタはエンタツアチャコまで遡れるそうで。これは伝統として後世に残すべき。今週も生きております報告。
投信王_2010_06_18
 とりあえず市場は先週よりは戻しつつ、週末に確定売りのような動きで上昇が抑えられております。徐々に戻って行くならそれでも良いのではないかと思います。

 欧州は全く変わってないように思えます。山崎元様は「元々が金融機関の不良再建問題なのでしょう。欧州大手銀行の健全性検査実施が発表されるなど、かつての日本と似た展開になっていますね。」(via.twitter)とおっしゃられてます。ワタクシも結局は貸付が焦げ付きそうだって事じゃろと言う意見に同意。んで債券が国債だからケツ持ちすべき国家を特定できるだけ。まあ破綻したりして始末をつけるんじゃないでしょうか。破綻寸前のロシア国債は利回り100%超えてたりしてましたから、今後ものた打ち回るのかもです。

 さて他所の国を責めても仕方がありませんが、我が国はどうなんでしょうね。菅首相は消費税を10%にするんだぜと発言した模様。(菅首相が消費税10%に言及:識者はこうみるvia.ロイター) ワタクシ個人としては、名目に誤魔化される市民に対するインフレ期待生成ツールとして消費税を利用すべきという意見を持っておりますが、それは毎年1%の税率上昇を継続しろいうものでありまして、1回で5%あげて放置しろという政策には賛成できません。施行の年には強力な買い控えが発生すると予測します。3%->5%のときに実際そうなりましたし。
 それで得た財源で子供手当て満額支給とか言い出したら主婦は反発する可能性があると思われます。個人的には対象の子供が日本に居住する事を支給条件に入れてくれれば賛成してもいいんだけどなあ。

ワタクシとしては世界全体が発展する事について疑いを抱いておりませんので、地域分散を心がけ徐々に買いということで。別に日本が発展してくれても困りはしないのに上手く行かないものです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。