投信王 今週は2,728位

投信王の定期報告です。ダラダラと下落継続以外はあまり語ることなしですが、生存報告的に記述。
投信王_2010_05_28

 日本市場は週末で多少持ち直しましたが、その後で欧州も米国も下落していきました。不安が解消されたわけでも無いから仕方ありませんね。世間が弱気なうちに買いと威勢よく言うことができれば良いのですが、私自身については種銭は次のボーナスまで待てという状態なので困る。月々の積立て分は拠出できますけどね。

 欧州関連では格付け会社がスペインの格付けをAAAからAA+に1段階引き下げたそうで(ユーロ全面安、フィッチのスペイン格下げで=NY市場via.ロイター)、その結果としてユーロ安になっているそうです。
 根本的に「スペインの格」とは何の事だって話になりますけどね。スペイン国債そのものの格付けではなく発行体の格だというのが意味不明です。そんなのよりは国の暮らしやすさランキングとかOECDの成長率予想のほうがナンボかマシですよ。格付け会社は何も無いところから「格付け」なる価値を生み出して財を稼いでいるという意味では有意義な事業なのでしょうが、他産業の業務効率化の観点からするとコスト要因として足を引っ張る存在ですから、規制を避けるには自重しているとアピールすることが重要と考えます。

 ワタクシ個人としては下落なら買いを継続という判断になります。上昇で買いと言いますけどね。理屈と膏薬はどこへでもつく、とも申しますので御注意ください。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。