投信王 今週は1,133位

投信王の定期報告です。生きてます報告的に。
投信王_2010_03_12
 何故か上昇継続してTOPIXに追い越されております。日興には勝ってるけど。
 とりあえず欧州方面は各国首脳が口約束を連発したので何故か一安心という雰囲気になっており株価は上昇中。生活では景気が良くなったなんて実感は感じられないですが、コレがアレですか、株価は先行指標って奴か。まぁじでぇ。いえまあ、持ち株が上昇するのは有難い話です。ハイ。

 そういえば米有力エコノミスト、人民元問題で強硬姿勢取るべきと主張(via.ロイター)なんてお話があるようで。
 大抵の政府は最低限の通貨安定化政策を実施しているでしょうけど、クルーグマン教授が言っている操作とはそういうものではなく、中国では産業の保護の目的として他国の産業が無視できない不利益をこうむる規模の為替介入を行ってるぞという主張でありましょう。もちろん「現在進行形で米国は大損ぶっこいてンだよ」という主張を言外に滲ませております。
 んー、米政府は後でひっくり返す時に相手方の被害を巨大にするため現状では甘受するんじゃないかな。やる時は殺せるような仕掛けをくっつけておきたいでしょうし。地球の裏側で飢餓が起きても自国じゃなきゃ関係ないっすよね。

 中国と日本には戦略目標や政策決定に共通点が殆ど無いんだけど、なんかガイジンは元高になると同時に円高にするので困る。中国がコレやったから日本もコレやるぞという実に安直で当たってない連想をするようなんですが、連想されたら連動してしまうという。ワタクシ的には迷惑ですし日本経済としても迷惑なお話です。
 まあ人間にとって理性なんてものは感情の海に浮かぶ小船でしかないですし、気分が良い時しか理性的な態度なんてとれないものです。どうしてお前はそうなんだと憤るよりは望む方向へ相手の感情を動かすためのくすぐり方を探ったほうがよろしいかと思われます。つまりロビイストを米議会に送り込むとかいうディープなお話の前に外務省は海外向けの広報を衆愚用にアレンジしとけということで。ひどい言い草だ。

まあワタクシは日本で地味に経済活動を継続する一環として徐々に買いを継続。途中に何を書いても結論を違えない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。