運用メモ VBとVSSを購入(2/12に)

忙しかったので買っただけでメモ付けるの忘れていましたが書き。

 売買はマネックスで実施。
 2/12の朝に1,712,566円でUSDの購入予約。約定レートは1ドル89.92円でUSD19,045.33を取得。2/12の23時ぐらいにVBとVSSをそれぞれ55.5899で114口と77.9229で162口購入。手数料込みの合計でUSD19012.29を使い、33ドル4セント余りました。

以下どうでも良い経緯や感想
 
 1680の現状をみるにつけ1681も1年は様子見しないとだな、と判断。故に去年分の予算はさっさと使ってしまうことに。何となく1株単位で取引が可能なマネックスの米国株取引を使ってみようと思い立つ。
 取得対象をVTにするか、TOKとVWOの組み合わせで割合を自分でいじるか、VSSとVBで割合を自分でいじるか、の中から最後を選択。VB:VSSが大体1:2ぐらいの割合になるように注文を調整して購入。来年どうするかはその時に。

 マネックスは米国株の取引そのものについて、参考となる約定時点での為替レートを報告書に書かない。楽天は書いてくれるんですが。あと約定が週末になると約定日が日本の翌営業日になっておりレートの変動を考えると2日以上ずれるので不適切になりそう。
 約定時点でのレートが記載されてないと約定時点でのTTMで譲渡益を算出する派としては困る。外貨購入->株購入->株売却->外貨売却で利益を算出する派がいるかと思いますが、確定申告では株売却の時点で損益の算出が必要なんで。譲渡益というものは株を売った時点で発生するものであり、円貨に換えるまでは納税しなくて良いというのは詭弁なんで所轄の税務署で自慢気に語るのは止めておくべき。

 また利用するかはわかりませんが、マネックスに報告書にレートを載せろと要望を出しておきました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。