キャッシュのドルが無いのでタイミング投資を考えた

ここ3日の米株価の値下がりの影響をまともに食らっています。この間まで4%上がってたのが帳消しになった程度ですけど。
逆張り大好きなワタクシとしては買い増したいのですが手持ちのドルがありません。まあ米国株への追加投資は年1回と決めたルールを外れないほうがいいのですが。

そんなわけで種銭が無いので買えないという安心感から米国市場におけるタイミング投資について考えてみました。安心感というのは、ワタクシ程度の足りない脳みそで「いい手法」が見つかっても実行できない、という安心感です。自分さえ信用してはならないのだー
 S&P500やダウが下がりました。それで継続して下落するのか、反転するのか? そのような未来予測は不可能です。

 でもわからないと底で買うことは不可能です。ワタクシは長期保有の予定なので天井を知る必要はありませんが、底を知ることが出来れば利回り向上が見込めます。シーゲル先生も景気のピークより底を知ることのほうが利回り向上に貢献するとゆってたし。頭と尻尾は猫にくれてやれ、ですか? 歯があれば、しっぽもうめえや。

 個別株の未来予測はするだけ無駄ですし、S&P500やダウなどの指数についてもそれは同様なはずです。
 しかし指数について価格そのものは予測不能ですが、皆が弱気か強気かについてはある程度知ることが出来ます。別に掲示板を読んで集計するといった手間はかけなくても良くて、そういう指数があるんです。それがVIX指数。

シカゴオプション取引所 VIX指数
http://finance.yahoo.com/q?s=%5EVIX

 これは言い方を変えると、予測の可能不可能性について、指数オプションでボラティリティが増大するほうに賭けている人が多いか少ないかの指標です。そもそも株式の市場βには上昇バイアスがかかっていることが基本ですから、ボラティリティが予測できない、というのは下落するよと判断したということです。最近だと3/13に18を超えたっぽいです。確かにその辺で買ってれば4月と5月は上昇を味わえたでしょうし、今回程度の下げでも元本は割り込まなかったでしょう。

 こいつは使えるかも!というところで警告。表示期間をMAXにしてみましょう。ハーイ、20を超えて40に達してるときすらありますねー。20を超えたら買えばいいの? 30?40?
 20overまで待ってたらこないだの3月世界同時株安では買えないですね。去年の6月に1回買えたきりです。その前の20超えは2003年の9月22日であるわけで2004年と2005年は投資できないことになります。さらに困ったことですが1997年から2002年までは恒常的に20を超えてる感じです。弱りました。つまりいくつを超えたら買っていいのさ!ということは不明なのです。
 移動平均を出して何%か上昇したら的な手法を用いればいいのかもしれませんがー、それってチャーチストな手法である上に、その何%はいくつがいいのさ?にはやはり答えられません。循環。

 とはいえまあ、以前と比較して皆が不安がっているか安心しているか、ということはわかります。あとは無秩序から勝手にパターンを読み取ってしまう脳という人生を作る臓器に全てを委ねてみるといいかのもしれません。御利用は確証バイアスを自覚しながらどうぞ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。