投信王 今週は950位

投信王の定期報告。単純騰落率0.05%で前日に2,853位が950位に上昇とか、100%現金で放置してる人が多すぎるでしょ……
投信王_2009_10_09
 相場は下がったり上がったり。先月からは下がってるんですけどね。為替相場もいろんな人の発言で左右されております。先の事はわかんないですから右往左往しますよね。

 2016年にブラジルで五輪開催決定で南米に賭ける人もいそうですけど、先が長いですから今の内にと言えるタイミングなのかもしれません。ワタクシ自身はHSBCのブラジルオープンを結構な損を抱えたまま保持しており、年末に売ってVWOに乗り換えようと思ってます。なんで買ったんだと言えば、マネックスで手数料キャッシュバックキャンペーンやってたのに釣られて。キャッシュバックだと雑所得扱いになるので確定申告で面倒だと後で気付いたとか言えない。
 そういえば東京都知事の人は「五輪選考は目に見えない政治的な動きが歴然とある。昔の自民党総裁選挙みたいなものだね」(via.東京新聞)なんて事をいってますけど、政治的にハッキリと目に見える「南米初開催」という御旗に勝てなかっただけです。

 さて、景気はインフレ懸念とデフレ懸念の双方が存在し、出口戦略で実施するであろう金融引き締めによる金利上昇のタイミング次第ではどちらにでも転んでしまいそうです。各国政府は「景気浮揚します」では合意が取れていますが「何時まで」については話題にも挙げません。国によって景気回復の時期がずれるのは当たり前なので合意が取れるわけ無い、というのは話し合う必要も無く理解できますし。

 景気の腰折れも含めた回復の過程で、過去の景気循環でも起こった業種の選別が起きるのかもしれません。グリーンニューディール関連は果たして前評判の通り強いのかどうか。ジム・ロジャースが言うように農産物系が強いのかもしれませんし、それらの根源である水関連が本命なら温暖化の対症療法として利用拡大が見込まれる冷房機等のメーカーが穴になるでしょうか。
 ま、ワタクシの様な弱小な個人は、全滅しないよう広く薄く全業種を拾う程度しかやれることは無いんですけどね。なんだかインデックス投資家みたいな事を言ってますが、ワタクシは基本的にリスク資産を使用して長期賭博をしているだけデス。買い物依存とギャンブル依存の矛先でしかないの巻。

 とりあえず今後も資金枠を使い切ったりしないよう徐々に買い。定期で受取る給与が無くなったら結論を変えます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。