まだ希望者とかゆってるのかバカ

が以下記事への感想。強調表示はワタクシによるもの。

NIKKEI NET:ジョインベスト証券、約定取り消しも 成立通知遅れで対応策

 野村ホールディングス傘下のインターネット証券であるジョインベスト証券(東京・港)は25日、顧客に取引が成立したことを通知する作業が遅れていた問題で、約定した取引の取り消しを含む顧客対応策をまとめた。トラブルは株価が急騰した14日に発生。通知が遅れた結果、取引機会を失った投資家から不満の声が出ていた。

 対象となる取引は225銘柄で、件数は1000件超とみられる。取引金額の合計は明らかにしていない。ジョインベストは「顧客ひとりひとりの要望を聞いたうえで、誠実に対応する」としている。希望者には約定した取引そのものを取り消し、顧客が売買した代金の返還に応じる。

 14日は大量の注文が入り、事務作業に時間がかかったため、顧客への通知が丸1日以上遅れた。ジョインベストは25日になって「不手際を起こし、多大な迷惑をかけた」と公式に謝罪した。(00:02)

 自己取引部門の仕切り玉か大口顧客の建玉のどっちを他の客に付け替えたかは知りませんが、集団訴訟にでもなったら昔ながらの株屋の暗部が暴露されてしまうと判断したんでしょう。
 翌日に信用取引が可能だったと言う事は処理はとっくに終了して買い付け余力を回復させたということであり、『失効』は処理中という意味と言い出すのは、私達は馬鹿か悪人ですと宣言した事になります。もちろん皆が後者だと思うでしょう。OR条件なので両方である可能性は否定できません。

 付け替えするぐらいの柔軟性があるなら抗議の電話があったときに柔軟に処理すればいいのにと思いますが、それをしないのは半端に遵法精神をお持ちであるという証拠であり、ジョインの経営陣は悪事に向いて無いのでしょう。半端な蝙蝠には飢死の運命が待つのがお約束です。

これからは真っ当に手数料を稼ぐべき。
手始めに過大な営業目標を抹殺するといいですよ。その次は余計な人件費の削減になるでしょうけどね。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。