野村AMが東証REIT指数連動ETFを設定

 やっとフツーに利用価値のあるETFが出る感じ。東証REIT指数先物取引及びREITオプション取引とセットで使うといいかもです。いえまあワタクシ自身は現物しか触りませんが。

【プレスリリース】野村アセットマネジメント、東証REIT指数を連動対象としたETFを新規設定(pdf、255KB)

<信託報酬>
 信託報酬の総額は、次の(1)により計算した額に、次の(2)により計算した額を加えて得た額とします。

(1)信託財産の純資産総額に年0.336%(税抜年0.32%)以内で委託者が定める率(当初設定日現在は年0.336%(税抜年0.32%))を乗じて得た額とします。

(2)信託財産に属する有価証券の貸付を行った場合は、その品貸料の42%(税抜40%)以内の額。委託会社と受託会社の配分については8:2とします。

<その他費用>
 受益権の上場に係る費用および対象指数についての商標(これに類する商標を含みます。)ならびに当該上場に係る費用および当該商標使用料にかかる消費税等に相当する金額は受益者の負担とし、信託財産中から支払うことができます。

 信託報酬は年0.336%。我が日本国で提供されるETFとしてはずいぶん良心的。
 ワタクシはJ-REITについては個別に選んで買おうかなと思ってるので買いませんが、そのへんのJ-REIT投信と比較すればマトモな代物だと判断していいと思います。

 J-REIT自体がマトモかどうかは、熟考の余地ありです。昨今の不動産不況で経営難になったオリジネータが手数料を稼ぐために糞物件を高値で放り込むゴミ箱だと思うなら手出し無用です。

 まあ、REIT先物やオプションに対応する現物として利用されJ-REIT市場の板が厚くなって欲しいですね。J-REIT一覧を見れば分かりますが出来高が1,000に達してる銘柄の方が少ない状況なので。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。