愛称を自分で言うのってダサくない?

Bloomberg:東証:中国CSI300対象のETFを4月11日に上場、設定は日興AM

3月21日(ブルームバーグ):東京証券取引所(東証)は21日、中国のA株市場に連動する運用成果を目指す指数連動型上場投資信託(ETF)「上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(愛称:上場パンダ)」を4月11日に上場すると発表した。設定、運用は日興アセットマネジメント。同指数を対象としたETFは日本で初めて。

 反語表現は責任逃れの様でカッコ悪いですからキチンと言いましょうか。
 「上場パンダ」はダサいです。愛称とか書いてますけど自称ですよねそれ。どうせなら「客寄せパンダ」にして頂ければワタクシは大笑いして差し上げましたのに。

 名前がダサいのは置いておきますが、上場準備って大変なんですよね?
 準備作業の間に毒ギョーザとかチベットとか、それ以前に中国株の相場がグングン下がって逝ったりと心労が絶えなかったと思われます。

 しかしまあ、景気以外についてはチャイナリスクを甘く見た結果でしょう。ダルフール問題で中国が武器流してる事なんて国連で取り上げられないと良いですね。ワタクシはより良い世界のために膿を出しといたほうが良いと思いますけど。

まあ、ETFの信託報酬でも見ましょうか。
 
「上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300(愛称:上場パンダ)」(PDF)の信託報酬は以下のようです。

純資産総額に対して年率0.99675%(税抜き0.95%)程度を乗じて得た額が実質的な信託報酬となります。信託報酬の内訳は、当ファンドの信託報酬率が年率0.21%(税抜き0.20%)(有価証券届出日書提出日現在)、投資対象となる投資信託証券の組入れにかかわる信託報酬率が年率0.7875%(税抜き0.75%)程度となります。上記のほかに、投資対象とする投資信託証券(マザーファンドを含みます。)が有価証券の買い付けを行った場合は、受け取った品貸料の一部を信託報酬として収受します。
※受益者が実質的に負担する信託報酬率(年率)は、投資対象とする投資信託証券の組入れ比率や当該証券の変更などにより変動します。

 このETFは組入れた投資信託が1つだけのFoFですよ、って事でしょうか。

<リスク情報>
「上場インデックスファンド中国A株(パンダ)CSI300」は、主に投資信託証券に投資を行い、投資対象とする投資信託証券は、主に株式など値動きのある証券(外貨建て証券は為替変動リスクもあります。)を投資対象としているため、基準価額は変動します。

 確かにFoFの様ですが、中国株のETFを日本だけで上場して組入れがファンドだけって、どうやって第三者の裁定を受け入れるつもりなの? そのファンドが中国内で販売されてて受益権口の交付とかしてるの? 等の疑問は日興AMに問い合わせでもすれば分かるんじゃないでしょうか。ワタクシは、無理だろこの仕組みは……と判断しましたのでいちいち問い合わせませんけど。

信託報酬率0.7875%のマザーファンドを普通に売ればいいのに。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。