該当銘柄ハ保有セズ

マネックス証券:2008年4月分の貸株金利は年率最大1.00%に設定します

マネックスでは2008年4月の貸株金利を、新興3市場(東証マザーズ、JASDAQ、大証ヘラクレス)上場銘柄に限り年率1.00%に設定いたします。(その他の銘柄は年率0.3%)

 というわけで日本の新興3市場の銘柄について4月だけ貸株金利を1.00%にするそうです。日本には新興市場として上記3つ以外に名証のセントレックス、福証のQ-Board、札証のアンビシャスがあるんですが除外の模様。公式サイトの説明がショボイのでWikipediaを利用せざるを得ない状況を持って察するべきでしょうか。あと、密かに他の銘柄の貸株金利が0.55%から0.3%に減少する事もカッコ内の一文で判明しております。

 まあ、問題はそんな所にではなく、今の状況や相場で新興銘柄を買うのに相当な勇気が必要なあたりにあるでしょう。

 正直、資金洗浄に加担したく無いです。新興市場の低迷はスーツを着たヤクザが駄目銘柄の上場を乱発したことにも原因があります。ワタクシは自浄作用が働いたと判断できた後で買うべきではないかと考えております。というかこの低迷が自浄作用の一環です。

 善悪抜きに相場環境だけで判断しても、現状で見直されるとしたら大型株からでしょう。新興銘柄はその後で買えば良い話にも思えます。
自己責任で身銭を賭ける分には存分にどうぞ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。