情報リテラシーが試されている

釣りですた! と言われたほうが納得できるという意味では、これは情報リテラシーに関する問題のように思えます。

マネーリテラシー養成口座:分散投資で資産は増えない。あなたはこれから集中投資

★今回の格言
分散投資で資産は増えない。
あなたはこれから集中投資


 投資の本などには、リスクは分散するように書いてあります。

 たとえば、株式、投資信託、不動産など異なる投資への分散、そして外貨預金などを利用した国内と海外への資産の分散、また株式でもさまざまな業種の銘柄に分散するなど、各種の方法があります。

 しかしこれは、億単位の資産がある人の「守りの投資」の方法です。

 他の要因を言わずに分散だけ主張するダメな本もこの世にはあるのかもしれません。

 しかし、この連載は「マネーリテラシー養成口座」を名乗っている割には儲けを気にしすぎです。そもそも金融リテラシーは儲けるためにあるわけではありません。結果として儲かるとは思いますが。

 金融リテラシーは浪費で財産を磨り減らさない為にあります。この場合の浪費には、詐欺に引っかかったり余計な手数料を掠め取られたり優遇制度を知らずに余計な税金を払ったりインフレに負けること等を広範に含みます。
 つまり、金融リテラシーは強者に資産を毟り取られないために存在するのです。儲け、すなわち損益など後で計算すれば分かる結果でしかありません。

 というわけで上記の記事は読む人が信じるか否かの選別をしていると考えるべきです。選別に合格すると情報商材でも売ってくれるんじゃないでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。