赤字のときだけ報道? 定期的にやってよ

 四半期毎に、3ヶ月、半年、1年、3年、5年、10年のリターンとシャープレシオとベンチマークからの乖離率を報道する気概が欲しいですね。できれば設定来の成績も。
と、下記の記事を読んで思った。

読売新聞:公的年金の運用、1兆6千億円の赤字…サブプライムが影響

 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人は5日、2007年度第2四半期(7~9月)の運用実績が、1兆6328億円の赤字となったと発表した。赤字は06年度第1四半期以来だ。世界的な株価下落や、急激な円高が影響した。

 それにしても損失を割合でなく額で評価するのには何かの意図があるのか? いえ、反語表現を使わずはっきり書いておきましょう。読売新聞の記事タイトルには悪意と低能さを感じ取れます。

 米国の低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題の影響などで、運用による収益率を示す運用利回りは、07年度第1四半期はプラス2・75%だったが、第2四半期はマイナス1・80%に落ち込んだ。利回りが最も悪かったのが、国内株式のマイナス8・14%で、外国株式のマイナス4・44%が続いた。

 7-9月の第2四半期で-1.8%ですか。7月といえば天井でしたから、そこから-1.8%なら優秀じゃないですか。しかもその前の第1四半期は+2.75%なら総合でまだプラスです。ここまで記事内に書いておいてその見出しは何なんだ。アホの子供か。

じゃあどんなタイトルが良かったの?といわれると「公的年金の運用成績 2007年第2四半期はマイナス1.8%」ですかね。年金の運用成績はベンチマークにちょうどいいので四半期毎に報道していただきたい。Googleさんが検索しやすいように年度も見出しに入れといて。

1年毎の成績は公式見ればいいんだけどね

コメント

まひわり

無知の無知
>tonnyさん

コメントどうもです。普段まったく気にしてない事柄でも知っている単位(この場合は円ですね)で示されると語れる気がしてしまうものです。無理なんですけどね。
 ワタクシ自身は他山の石として自戒したいところであります。

企業年金Blog拝見しました。
公的年金のDC化とか興味深いですねえ。資金規模が大きい年金基金は、その巨額さゆえに自分で市場のミニチュアとしてのインデックスファンドを組成できるはずで、民間ファンドに手数料を払う必要は本来無いんですよね。
 まあ配当込み指数をベンチマークにパッシブ運用している限りは民間に委任しても手数料は極小ですむでしょう。しかし時々議事として上がってるアクティブ運用は実に問題であると結論付けていいと思います。

tonny

仰せの通りですね
仰る通りです。
一時点の数値でギャアギャア騒ぐ連中が多過ぎます。困ったものです。。。
非公開コメント

プロフィール

まひわり

 老後の備えという腹積もりは別に無く、単に数字を増やしたいという欲望で資産運用を行っています。
 趣味で運用をしていると言えますが、自分以外に行動を監視する人もいないので甘い行動をとってしまいがち。